FISHCLE

東海・中部を釣りとサイクリングで遊ぶアウトドアブログ

早起きは三文の徳?早朝サイクリング

f:id:takkun-24:20180709062904j:plain

おはようございます。久々に清々しい朝です。

そこで、交換した105ブレーキのインプレッションも兼ねてライディングしてきました。

 

木曽川サイクリングロード

早朝ライドの舞台は木曽川サイクリングロード

 

サイクリングロードについたのはam5:15頃。

前輪をフレームにはめて、ヘルメットに手袋を装備していざ出発です!

f:id:takkun-24:20180709071724j:plain

 

さすがに、ロード乗りの気配はまだなし。

その代わり、元気なお年寄りの方が散歩してますね!(元気やわ〜笑)

 

木曽川緑地公園 ⇔ 川島スポーツ公園(前)までの往復ライド

f:id:takkun-24:20180709065710j:plain

この区間片道4kmほどで、基本的には平坦ですが

河川敷から堤防に上がるところが2ヶ所ありそこだけが上りになっているくらいです。

 

朝は清々しくて気持ちがいいですね!

早朝に運動することがこんなに気持ちいいと感じたのは、

もしかしたら初めてかもしれません。

 

行きの4kmのうち3kmは流して体をアップ、最後1kmの区間に見通しの良いストレート

 

少しスプリントをかけてみました。

 

自分でわかるぎこちなさ(笑)

 

速度は・・・。

f:id:takkun-24:20180709070245j:plain

 

最高速度が42.1 km/hなのでスプリントした時のMAXがここでしょう。

 

ぼちぼち出てますな。

「しっかり周り見て、場所を考えてスピードは出しましょう!」

 

しかし、月曜日の早朝

行きの4kmではロード乗りの方とはすれ違わなかったですね。

 

 

さて川島スポーツ公園前の橋まで来たので、折り返すことに。

 

折り返し1kmほど走ったところで、やっと1人目のハイタッチ!(実際はしてません)

気持ち良さそうに流してました。

 

ハイタッチ:僕の中でロード乗りとのすれ違いのことを指します。

 

 

そして折り返し2kmほどで2人目のハイタッチ!

 

 早起きは三文の徳

よく早起きは三文の徳といいますよね。

三文の徳とは?

三文」とは、一文銭三枚のことで「ごくわずかな」という意味。 わずか三文だとしても、得るものがあるということで、朝寝を戒める意味を込めて使う。 元々は「早起きしても三文ほどの得しかない」という意味で使われていたともいわれる。 「」は損得の「得」と同じ意味で、「早起きは三文の得」とも書く。  

早起きは三文の徳 - 故事ことわざ辞典より引用

 

 

この2人目のロードの方とのハイタッチが気持ちいいものでした。

 

すれ違う少し前くらいに「会釈」をしていただいたのです!

僕もすかさず会釈を返しました。

 

「いや〜、なんか気持ちがいいですよね!」

 

釣りもそうですけど、サイクリングもこういうすれ違いの瞬間に趣味同士の繋がり

といいますか、そういうものを感じますよね。

 

この気持ちのいいと感じたことが三文の徳ではないのかなと感じました。

 

 

SHIMANO 105ブレーキ インプレッション

最後に交換した105ブレーキの感想ですが。

 

もう、安心してブレーキを引けるというべきでしょうか。

純正でついていたSORAのブレーキは少し不安があったので、満足いく交換でした。

 

今後は徐々にフル105化か、時期をみて一気にフル105化しようかなと考えてます。

 

とりあえずは、不安だったブレーキだけを先に交換してよかったかなと。

 

 

早朝ライドフィニッシュ

その後はロード乗りの方とすれ違うこともなく、僕も流して早朝ライドを終えました。

 

良い感じに汗を流せたのと、心もどこか気持ちがよかった早朝ライドでした。